アドセンスにライティングは必要でしょうか?
→結論から言って必要です。
いや必要不可欠と言ってもいいぐらい。

 

アドセンスはアクセスを集めれば稼げるんで、
他のアフィリエイトのように売る為に特化したような
文章を書く必要はないけれど、

 

ある程度読みやすい文章を書かないことには
読者さんというのは、
こいつの文章読みにくいしおもんないな!
→画面を即閉じて終了。

 

読者さんはあなたの想像以上にせっかちなんです。

 

youtubeでもおもんない動画だと
すぐ消して閉じるでしょ?それと一緒。

 

逆に読みやすい文章を書いていると
もっとじっくりこの記事を読んでみようとか

 

他の記事も読んでみようとか思う訳で
自然とブログの滞在時間も増え、
あなたのブログの評価も上がる訳です。

 

ここまでのところいいでしょうか?

 

そこで、今回いくつか最低限知っておきたい
文章の書き方について紹介します。

 

1 二重否定は極力使わない

二重否定があると
読者さんは一瞬えっどっち?と
考える時間を与えてしまいます。

 

となると面倒くさくなって
その記事を読むのを止めてしまう。

例)

  1. 稼げないことはない→稼げる
  2. 悪くないことはない→悪い
  3. 良くないことはない→良い
  4. 思わないことはない→思う
  5. おいしくないことはない→おいしい

これ意外とやってしまっている人が多いんで
出来る限り二重否定は使わないようにして下さい。

 

2 二重表現は使わない

これは同じ意味をあらわす言葉を二回使うこと。

例)

●NEWアルバムはまだ未発表です。
→NEWアルバムは未発表です。

※まだと未って同一表現。

●小さい小皿も持ってきてもらえますか?
→小皿も持ってきてまらえますか?

※小さいと小皿も同じ!

●このドラマの最後の結末は、
→このドラマの結末は、

※最後と結末って同じ!

 

3 小中学生が読めない漢字は使わない

例)

  1. 漸く(ようやく)完成しました。
  2. 拙い(つたない)文章ですが、
  3. 即ち(すなわち)こういうことです
  4. 生憎(あいにく)の雨です。

基本的に小学生や中学生が
読めないような漢字は使わないこと。

 

 読めない漢字が出てくると
 人は読む気が失せるか、 真面目な人は
 その漢字ばっかりに気を取られて辞書を引く。

 

すると肝心の内容なんて
全く頭に入ってこなくなります。

 

内容がいくら良くても
読めない漢字1つ出てくるだけで
しっかりと読む人は半減するので
出来るだけひらがなにする方がいいです。

 

今回最低限知っておきたい文章の書き方について
3つ厳選して紹介しました。

 

こういう表現は知らず知らずのうちに
日常生活でも使ってしまっている人が多いです。

 

読み手に違和感を与えると
読者はページを閉じる人もいるんで、
出来るだけ使わないようにしましょう。

 

記事が参考になったというあなたは、応援お願いします。


アフィリエイトランキング