今日は読者からの反応を上げる記事の書き方について3点ほど紹介します。

 

1 マイナスの表現は極力使わない

例えば、ダイエットブログの記事に

  1. だからあなたは痩せられないんです。
  2. あなたは痩せるのは無理です。
  3. それでは痩せられないです。

こういう痩せられない、痩せないと
マイナスの表現を必要以上に使うと、

 

読み手は痩せられない!という言葉が
強烈にインプットされてしまい
ネガティブになりダイエットする気力がなくなってしまう。

 

よくある例として

  1. あと入試まで1か月しかない
  2. あと入試まで1か月もある

後者の表現の方が、
前向きで読んでる方も気持ちいいですよね?

 

  1. あなたでも痩せられます!
  2. 今からでも痩せることは十分可能です。
  3. こうすれば痩せられます。

・・・・

とプラスの表現を出来るだけ使うことで
読み手は、前向きな気持ちで
気持ちよく文章を読むことが出来ます。

 

相手を気持ちよくさせることで
文章も読んでもらえるし、
その結果、記事の滞在時間も上がる。

 

ですから、
あまりマイナスの表現は使わないこと!

 

これがとにかく重要です。

 

2 記事はたった1人の人に向けて書く

ブログやメルマガは大勢の人が見ていますが、
記事はたった1人の人に向けて書く!
これを常に意識して下さい。

 

例) 今回は結婚後気づいたらどんどん太ってきて
気づいたらライザップ前の佐藤仁美さんのようなお腹になってきている・・・
そんなあなたに向けて記事を書きます!

 

これだけで、対象となる人は
ドキっとして記事を読む確立がぐっと上がります。

 

読者が興味を持つことは自分のことだけで、
すべての人に向けて書かれたような文章はスルーされます。
特定の誰か1人に向けて書くようにしましょう。

 

3 肯定文で記事を書く

  •  (ダメな例) 痩せたい人以外はメルマガを読まないで下さい。
  • (良い例) 痩せたい人はメルマガを読んで下さい。

 

違いは分かるでしょうか?

 

ダメな例の痩せたい人以外という表現と~しないで下さいという表現は、
読者さんに一瞬?と考えさせ、
間違って逆の意味で解釈されてしまうこともあり、
文章を読む際に大きな妨げになります。

 

肯定文で記事書くこと。

 

これを必ず意識しましょう。

 

本日は以上3点です。
今回紹介した表現は知らず知らずのうちに
多くの人が使ってしまっています。

 

今日から意識して使わないようにして下さい。

 

記事が参考になったというあなたは、応援お願いします。


アフィリエイトランキング