アドセンスで読まれやすくなる文章の書き方4つの例

 

1 一文は横に短く

 

人はPCで文章を読む時に
マウスを上下に動かすので縦の動きに目は慣れています。

 

よって縦長の文章は読まれますが、
文章が無駄に横に長いと目が疲れるので、
敬遠されて読まれにくくなります。

 

  1. 句読点のあとは改行
  2. 文のキリのいいところで改行

 

これを意識してなるべく
横に短い文に
するようにしましょう。

 

2 読みやすい改行の仕方

 

一般的に2~4行の固まり(段落)を作って
2行程度空けるのが見やすい文章校正となります。

 

一文を書いて一文を空けている人がよくいるけど、
これをすると空白の部分がかなり増えて
マウスをクリクリ上下にスクロールばっかりしないといけなくなる。

 

人はそっちに神経が取られて
肝心の内容に集中してもらえなくなるんです。

 

2~4行の固まり(段落)を作って
2行程度空ける

 

これを意識するようにして下さい。

 

3 語尾にリズムを作る

 

  1. ~です。~です。~です。
  2. ~ます。~ます。~ます。

 

文章の終わりが上記のように
同じ”です”や”ます”だとリズムがなく単調になります。。

 

文章に動きを出す!
これを意識しましょう。

 

語尾を~です。~ます。だけでなく

  1. 名詞で終わらせる(体言止め)
  2. 倒置法を使う。

※倒置法の例

明日USJの話題の新アトラクションについてレビューします。

→明日レビューします。USJの話題の新アトラクションを。

 

このように文章に動きをつけることが重要。

 

4 冒頭に文字を集中させない。

 

冒頭にダラダラと長い文章が書いてあると
読者はしょっぱなから読む気が失せます。

 

冒頭部分は出来るだけ短くする!
これが基本。

 

読者は文章を見ているのではなく、文字を見ている
これを意識すること。

 

読者の関心を引くためによくあるテクニックとして
冒頭で読者に疑問文を投げかける。

 

例) あなたは月5000円以上稼げてますか?

 

文章の書き出しをこのように、
短く明確に打ち出すことで
あなたの文章を読んでくれる可能性はぐっと上がります。

 

今回紹介した4つの手法は
あなたの記事が読まれやすくなる為に
必ず必要になってきます。

 

ライティングがしょぼいというだけで
ページを閉じられてしまうとひじょーにもったいないです。
ぜひ意識して改善するようにして下さい。

 

記事が参考になったというあなたは、応援お願いします。


アフィリエイトランキング