やってはいけない記事の書き方
3つの例ということで早速紹介します。

 

1) 一文が横に長い

 

悪い例)

今日はキーワード選定について朝から勉強しました。検索ボリュームのあるキーワードは見つかったけど、そのキーワードはライバルも多くなかなかうまくいかなかったです。

 

いい例)

今日はキーワード選定について
朝から勉強しました。

 

検索ボリュームのあるキーワードは
見つかったけど

 

そのキーワードはライバルも多く、
なかなかうまくいかなかったです。

 

人はPCで文章を読む時にマウスを上下に動かすので
縦の動きに目は慣れています。

 

よって縦長の文章は読まれるけど、
文章が無駄に横に長いと目が疲れるので、
敬遠されて読まれにくくなります。

 

句読点のあとは改行、文のキリのいいところで改行

 

これを意識して
なるべく横に短い文にするように。

 

2 顔文字の使用はなるべく控える。

 

これはアドセンスに関して言うと
そこまで影響はないんですが、

 

物販や他のアフィリエイトですると
思いっきり成約が落ちると立証されています。

 

最近LINEなんかの影響で
顔文字を連発で使う人が増えていますが
商品を紹介する際に顔文字の使用は控えること。

 

(⌒∇⌒)(’-’*) |* ̄o ̄|

 

上記のような顔文字をたくさん使用してると
購買意欲の高いキーワードでアクセスがあっても
お客さんはまず買わないんですね。

 

なんやコイツ!なめてんのか!って思われる。

 

アフィリエイトはビジネスです。
必要以上に顔文字は使わないようにしましょう。

 

3 改行が少ない

 

一般的に2行から4行程度の固まり(段落)を作って
2行程度空けるのが見やすい文章校正となります。

 

悪い例)

ヤフーポータルサイトに載っているような
季節ネタはライバルがかなり多いので
そう簡単にあなたの書いた記事が上位表示されて
稼げるようにはならないんですね。
ライバルを上回る質の高い記事を書けるかどうか
さらには、いかにキーワード選定を工夫するかで、
稼げるようになるかならないか決まります。

 

ただただ頭を使わず、
教材に書かれている通り、ロボットのように実践してても
センスがないと稼ぐのは難しいということ。

 

いい例)

 

ヤフーポータルサイトに載っているような
季節ネタはライバルがかなり多いので

 

そう簡単にあなたの書いた記事が上位表示されて
稼げるようにはならないんですね。

 

ライバルを上回る質の高い記事を書けるかどうか
さらには、いかにキーワード選定を工夫するかで、
稼げるようになるかならないか決まります。

 

ただただ頭を使わず、
教材に書かれている通り、
ロボットのように実践しててもセンスがないと
稼ぐのは難しいということ。

 

はい。
これは使ってるテンプレートの構成とかで
多少変わることもあるけれど
基本は多くても4行程度で改行するように!

 

改行は、きっと改善しないといけない人が多いはず。
早速今日から改善するようにして下さい。

 

アクセスを爆発させたキーワードを紹介した無料レポートを
現在メルマガ読者さん全員にプレゼント中。

 

現在メルマガ登録していただくと、
もう1本アクセスを爆発させるレポートを
追加でプレゼントしています。

 

ぜひ登録しておいてください。

 

記事が参考になったというあなたは、応援お願いします。


アフィリエイトランキング